白内障にならないため!青汁とブルーベリーサプリで予防

白内障予防に効果のある栄養素

目の疲れ

目は多くの情報を取り入れる器官である分、疲れが溜まりやすい部位でもあります。普通に過ごしていても白内障になるリスクを抱えているため、効果的に予防していくことが大事です。

白内障について

白内障にはいくつか種類があるのですが、最も多いのが加齢による「加齢白内障」です。年齢を重ねると白髪が増えるように、老化現象の一つとして程度の差はあれ誰しもが白内障になるリスクを背負っています。そのため、人によっては40代で白内障を発症する場合もあります。40代では約40パーセント、50代では約65パーセント、60代では約75パーセント、70代では実におよそ85パーセントの人が白内障を発症しています。

白内障は予防が大切

白内障は、レンズの役割を果たしている「水晶体」が白く濁ってくる病気です。一度濁ってしまった水晶体は、治療を行なっても元に戻すことができません。そして、恐ろしいことに一旦発症してしまうと症状がどんどん進行していくのです。つまり、発症する前に予防することがとても大事になります。既に症状が現れ始めている場合は、早期発見と早期治療が鍵になります。異変に早く気付けるように、少なくとも年に一度は健康診断や眼科受診を受けましょう。日頃から自分でできる予防方法としては、バランスの取れた食事を心掛けること、特にルテインやポリフェノール、ビタミン類、アントシアニンなどを摂取することが挙げられます。

ブルーベリーサプリで白内障を予防

ブルーベリーは目に良いと言われている食べ物です。最近は、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という有効成分を抽出したブルーベリーサプリも人気です。

白内障を予防する成分を摂取するためには、どうしたら良いですか?
老化は「細胞の酸化」現象です。つまり、酸化を防ぐことで目の老化を予防できるのです。白内障の予防には、有効成分を多く含有するサプリメントや食品を日頃からきちんと摂ることが大事です。特に、「ルテイン」と「アントシアニン」を摂るようにすると良いでしょう。健康食品である「青汁」、サプリメントである「ブルーベリーサプリ」が挙げられます。
目にはブルーベリーが良いと聞いたのですが、白内障予防にも効果がありますか?
白内障予防に効果的とされている抗酸化成分には「ルテイン」が挙げられます。そのルテインの働きを助けてくれるのが、ブルーベリーに多く含まれている「アントシアニン」です。ルテインとアントシアニンを一緒に摂取することで、より効果的に白内障予防の効果を引き出すことができます。

ブルーベリーサプリを上手に摂取するポイント

ルテインを多く含む「青汁」と、アントシアニンを多く含む「ブルーベリーサプリ」を一緒に摂取することがポイントになります。ブルーベリーサプリは薬ではないため、摂取する量とタイミングは目安でしか表示されていません。栄養補給を目的としたサプリメントは、一般的に食後に目安量を摂取した方が良いとされています。

ブルーベリーサプリメントは選び方が大事!

ブルーベリーサプリメントで白内障予防をするなら、継続できる商品を選ぶことが大切です。薬局に行って調べるよりも、ネットで人気のブルーベリーサプリを比較した方が効率的なので、下記のサイトを参考に情報収集をしましょう。

青汁でもルテインが摂れる~毎日の食事に取り入れたい健康食品~

抗酸化成分である「ルテイン」は、緑黄色野菜に多く含まれています。普段から野菜を多く摂るようにしたいところですが、なかなか難しいという人もいるでしょう。そのようなときに頼りになるのが「青汁」です。

白内障予防に役立つ青汁

細胞に必要な栄養素をしっかりと送るためには、綺麗な血液が必要です。青汁は血液の濁りを取ってくれることでも知られています。白内障の主な原因である「老化」は全身の器官に起こります。抗酸化成分と共にビタミンやミネラル、食物繊維をバランス良く配合した「青汁」は、白内障予防だけでなく生活習慣病の予防にもとても効果的な存在なのです。青汁を飲み若さと健康を保つことで、老化を防ぎ白内障発症のリスクを下げることができます。

ルテインを摂取できる

目の水晶体はルテインを主成分としてできているため、ルテインを含む緑黄色野菜の摂取が少なくなると、様々な症状が出てきます。眼精疲労をはじめ目の乾燥、白内障や加齢黄斑変性症(AMD)がそうです。若い人でもルテイン不足で目の症状は現れます。ルテインを摂取できる青汁とその働きをサポートしてくれるブルーベリーサプリを摂取することが大事です。

青汁に含まれる成分

白内障予防に効果のある青汁には「ルテイン」が多く含まれているが、その元となる食材はケールとほうれん草です。毎日、ケールやほうれん草を必要な量だけ食べることは難しいでしょう。青汁には、細胞の生成に必要なビタミンB群や亜鉛などのミネラル、抗酸化成分であるビタミンCやビタミンE、葉酸などがバランス良く配合されています。

ケール
ケールはアブラナ科のアブラナ属の植物です。 見た目は濃い緑色で、葉周りがカールしている点が特徴的です。温暖な気候であれば年間を通して栽培が可能で、収穫量も多く、秋から冬にかけて甘みが強く出るとされています。ヨーロッパでは一般的な野菜ですが、日本のスーパーではほとんど見掛けません。ケールには強烈な青臭さがあります。
ほうれん草
ほうれん草には、100グラム中10.2ミリグラムのルテインが含まれています。これは、ケールに次いで多い量です。青汁には、ケールと併せてほうれん草も配合されています。  

白内障予防なら摂取目安量を守る

日本では、ルテインの正式な推奨量はまだ設定されていません。アメリカの栄養学者による実験では、1日当たり6ミリグラムが望ましいとしています。アメリカの農務省は1日4~7ミリグラムの摂取を推奨しています。ルテインは脂溶性のため、過剰摂取は避けた方が良いと思いますが、現在、過剰摂取による副作用や健康被害はまだ報告されていません。しかし、体質的な個人差も考えられるため、摂取目安量は守った方が良いでしょう。

TOPボタン